レンタルスペースを賢く利用する為に

レンタルスペースでできることとできないこと

レンタルサービスの相場

レンタルサービスも多種多様になってきました。 自分の持ち物ではないけれど一時的に自分が所有者となれるレンタルサービスですが、その対価はどれくらいのものなのでしょうか。 長期的に見てもお得なのかどうかということも考えて利用されることをお勧めします。

所有するより共有する時代へ

昔は、車も家も自分で購入出来てこそ一人前、のような風潮がありましたが、今はどうでしょうか。 マイホームより賃貸派が増え、マイカーよりもシェアリングカーに注目が集まっています。 このようになった背景には何があるのか、考えてみるのも面白いかもしれません。

レンタルスペースを利用する為に知っておくべきこと

一口にレンタルといっても様々なものがあります。 レンタルスペースのような場所のレンタルや、家事代行サービスといった人のスキルのレンタル、レンタカーやレンタルビデオのような物のレンタルなど本当に様々です。 どのレンタルサービスを選ぶにしても、それぞれの特性をきちんと理解していきましょう。

レンタルにも様々な種類がある

レンタルスペースの利用目的は様々あります。
会議や打ち合わせ、教室を開いたりマッサージなどの施術を行なったりなど、その利用法は多岐にわたります。
レンタルスペースの利点は、使いたい時に利用できて敷金礼金光熱費などの無駄な経費がかからないことです。開業して間もない時期は経営が安定するまでなるべく経費は削減したいものなので、こうしたサービスは願ってもないものなのではないでしょうか。
また、マッサージやネイルなど、特技を活かした仕事をしたいと考えている方は、本業とは別に副業として始めるという方法もあります。そして、レンタルスペースはそういった副業スタイルにもぴったりなのです。
通常、店舗を借りると月の家賃や光熱費だけでも結構な負担になるので、自己資金を多めに用意して尚且つ融資を受けるなどの準備が必要になります。レンタルスペースなら、例えばマッサージ店であれば、お客様が入った時だけ借りることも出来るため、無駄な経費がかかりません。
まだまだ軌道に乗っていない開業したての方には嬉しいサービスと言えるでしょう。
しかしそんなレンタルスペースにも注意点はあります。場所にもよりますが、1時間ごとの利用が出来ないところがあるのです。最低2時間もしくは5時間のレンタルを条件に貸し出しているところもあるので、1時間のみという利用が難しいというのがレンタルスペースを借りる上で注意するべきところになります。
傾向としては、1時間あたりの単価が低いところは最低利用時間も5時間くらいと長めに設定するレンタルスペースが多いというところが挙げられます。
月間で契約することで通常より割安になることもありますので、自分の使用用途によっては損にも得にもなり得るのがレンタルスペースというサービスだと思います。

おすすめリンク

海外WiFiレンタルサービス

海外で今使っている携帯電話を使用するために必要な海外WiFiの上手なレンタルの仕方を教えます。